新型コロナウイルスに関する対応について

保護者の皆さまへ

私たちは考えました。

子どもたちにとって最も良いこととは何か。

まずは、子どもたちをコロナから守る。
これは絶対の条件です。

だから、緊急事態宣言を受けてスクールを中止にする。
これが最も正しい答えに見えます。

しかし、ある種の疑問、腑に落ちない何かが残ります。
そこでもう一度、問い直します。

子どもたちにとって最も良いこととは何か。

すぐに浮かぶことがあります。

子どもたちの運動を奪ってはいけない。
それも、それが長期間に渡ることになれば、彼らの心にも大きなキズを残すことになりそうです。

ですから、私たちがまず考えねばならないことは、普通にしていることです。

いつものように「おはようございます」と言い、
「今日もがんばろう」と言うことです。
そして、たくさん汗をかくことです。

打てる手を打ちつくす。
可能な限り安全な状態を維持する。
まずは、その徹底に努める。
そして、私たちはいつものようにしている。

それが、子どもたちのためではないか・・と考えました。

ただし、今の状況下で、「いつものように」を維持するためには、みなさまのご協力もいただかなくてはなりません。

検温、手洗い、うがい、アルコール消毒の励行。
私たちも随時行っていきますが、みなさまにも、必ず行っていただきます。

また、熱が37度5分以上あった場合は自宅待機をお願いします。

当スクールでは、さらに班分けによる対策を実行します。
スタッフの班分けによる分散出社を行い、感染の危険を少なくしていきます。
そして、コーチはマスクの着用を励行し、当分の間、接触するプレーなども避けていきます。

なお、現在屋外の会場ではスクールを行うことはできます。
当スクールでは、法令を遵守しスクール運営を続けてまいります。

しかし、状況の悪化によって行政の方針が変わる場合もございます。その場合は、全面閉鎖を選択せざるを得なくなります。
そういう事態にならないことを祈りつつ、コーチ全員、いつものように、みなさまをお待ちしています。

もちろん、不安でお子さんは参加させられないという方もいらしゃると思います。その場合は遠慮なくお申し出ください。

こんな時ですので気分は暗くなりがちですが親御さん、子どもたち、コーチ全員で明るく乗り切れればと思います。

ファンフットボールアカデミー代表浅岡美斗